一人暮らしなら光回線と格安SIMの大容量プランのどっちが良い?

今では、インターネットへの接続方法の選択肢は多く、光回線だけでなくモバイルWi-Fiや格安SIMの大容量プランでスマートフォンを利用してテザリング接続という選択肢があります。

では、一人暮らしではどの方法がお得なのか気になると思います。

接続方法ごとの月額料金差は大きく、一人暮らしでの出費で大きな影響も生じてしまいます。

先ず、光回線の場合、高速データ通信は可能なものの、パソコンやスマートフォンの回線接続は自宅に限定されてしまいます。

結果として光回線は自宅外では利用出来ず、キャリアや光回線のコラボレーションサービスを利用で料金割引が適用されても、スマートフォンの月額料金に光回線の月額料金が加算され、お得ではありません。

一方、モバイルWi-Fiでは一人暮らしでの回線負荷に対しては余力があり、自宅外にも高速データ通信が可能な回線を持ち出すことができます。

ですが、実際には光回線と月額料金差は大きなものではなく、光回線の戸建プラン並みの費用が発生し、スマートフォンの月額料金にモバイルWi-Fiの高い料金が上乗せされてしまい、費用面では光回線よりも高くなり、割高感があります。

そして、格安SIMの場合、大容量プランがキャリアに比べ安くなっており、100GBまでのデータ利用が可能なプランからデータ通信使い放題まで様々です。

しかし、データ通信速度は光回線やモバイルWi-Fiに比べて遅く、高速データ通信を期待する方には不向きになっています。

結果として、一人暮らしの場合、自分のインターネット使用に最適なものを選択することが重要であり、大容量のデータ通信を行うインターネットゲームをプライする人なら光回線、外出先でゲームは行わないものの、動画視聴を快適に行いたい方ならモバイルWi-Fi、スマートフォンでインターネット検索や動画視聴がメインという方なら格安SIMを選択するのがおすすめです。

実際には、スマートフォンの使用がメインという方であれば、光回線やモバイルWi-Fiまでのものはコストパフォーマンスは良いとは言えず、時間的な通信速度を気にしないのであれば格安SIMで十分になっています。

さらに格安SIMであれば、いつでもどこでもインターネット通信が出来るだけでなく、回線工事も不要になるため、引越しが必ずあるという一人暮らしの方であれば格安SIMがおすすめになります。

実際、100GBまで対応している格安SIMであれば、データ通信を使い切ることは比較的に難しいものであり、コストパフォーマンスは悪くはありません。