ネット回線の違いを把握しておこう

ネット回線にはいろんなのがありますが、それぞれの特徴をよく把握したうえで利用しないと誤解のためにトラブルになりかねません。

まず光回線は光ファイバーでできた固定回線のことで、地面に埋められていろんな地域内に張り巡らされています。光回線を利用する場合は住んでる地域内で光回線が敷設されてサービス提供地域である必要があります。

サービス提供地域内だと申し込んでから何日かすると工事業者の人が自宅にやってきて、自宅内に光回線を引き込みます。

もし家の中に光回線を引き込むことができなければサービスを受けることはできません。

建物の内部に光回線を引き込めたら、ONUという装置につなぎ、さらにその装置から電話に回線をつなぎます。これで工事の人が確認したら基本的に使えます。たいていはONU装置と無線LANをつないでインターネットをします。

しかし光回線は基本的に固定回線の1つなので、住んでる建物が借家などしたら借主は勝手に工事することはできないし、屋外でインターネットもできません。

またONU端末がコンセントに接続して電気を供給されてるので停電したら電話もインターネットも使用できません。

この問題を解決した1つがwimaxです。wimaxの特徴は携帯電話を使うかのような感じでインターネットをします。

そのため回線そのものを地面に敷設したり、建物に引き込んだりなどの手間が省けます。家の中でも屋外でもネットができるようにするため、専用の端末が提供されまして端末はポケットに入るくらいの大きさだしバッテリーで稼働しています。

そしてその端末とパソコンを無線または有線でつないで利用します。しかしwimaxは光回線と違って持ち歩ける点では便利だけど、通信量を使いすぎた場合は一部の日時ではスピードが極端に遅くなってしまう場合があります。

また屋外で使用できるといってもサービス提供可能地域があって、離島とか山の上などにいると電波を受けられない場合もあります。

さらにサービス提供地域内でも電波の届きにくい窓の全くない地下とかトンネル内でも使えない、窓がある家の中でさえ電波が不安定なために場所探ししなければならない場合もあります。

もちろん端末のバッテリーがなくなったら使用できません。そのためスマートフォンに比べて電波の入感で劣ることもあります。なお光回線もwimaxもネットをするにはプロバイダとの別途契約が必要です。

しかしそのプロバイダ選びを間違えると違約金などでトラブル可能性もあります。

格安SIMはスマートフォンの内部に埋められてるSIMカードを格安会社のものに取り換えることで料金を安くしようという狙いがあります。

あとは普通にスマートフォンを使うようにすればいいですが、一部の時間帯などでは大元のキャリアに比べてスピードが遅くなる可能性があります。

また端末が故障したなどの際のサポートが不十分です。また状況次第では端末と回線の相性が悪いこともあります。